つむじハゲの原因

つむじの薄毛に悩んでいる人はわかると思いますが、フサフサだった髪がある日を境に突然ハゲてしまうわけではありません。
抜け毛が少しずつ増え、細くて短い毛が多くなり、その結果として地肌が透けてハゲになっていくのです。

 

これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性の薄毛の典型的な症状です。
成人男性の薄毛のおよそ9割がAGAが原因だと考えられています。

 

そして、つむじハゲに関しては、AGAの他に血行不良が原因になっているケースが多いと考えれられています。

 

なお、AGAになるかどうかは遺伝の影響大きくて、頭皮の血行不良に関しては生活習慣が影響しています。

AGAのメカニズム

AGAで薄毛になっていくメカニズムについて、もう少し詳しく説明していきます。

 

AGAによる抜け毛は男性ホルモンが大きく影響しています。
男性の体は、男らしい行動をとったときなどにテストステロンという男性ホルモンが分泌されます。
例えば、筋トレや美人との会話などです。他にも、両手を上にあげて熊のようなポーズを取るだけでも分泌するといわれています。

 

ここでひとつ言っておきたいのは、テストステロン自体は男らしさを出すために必要なものだという点です。
なので、薄毛対策としてテストステロンの分泌を抑える必要はまったくありません。

 

では何が問題なのかというと、このテストステロンが体内で悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうことです。

 

毛乳頭と毛母細胞

テストステロンがDHTに変化してしまうと、髪の根元にある毛乳頭という細胞内に悪影響を及ぼします。
すると、毛乳頭細胞は、髪の毛を作り出す毛母細胞に向けて、抜け毛を促したり髪の成長を止めたりするように命令を出してしまうのです。
こうして、抜け毛が増えて、次に生えてくる髪が産毛のような状態になってしまうというわけです。

 

そして、最も重要な点として、男性ホルモン(テストステロン)が、悪玉男性ホルモン(DHT)に変化するのにはきっかけがあります。
それは、毛乳頭の中に存在する5αリダクターゼという酵素です。

 

テストステロンが血液に流れて毛乳頭に届いたときに、この5αリダクターゼがテストステロンにくっつきます。そしてテストステロンはDHTに変化してしまうのです。

 

5αリダクターゼの分泌量は人によって異なります。分泌量が多いほどハゲやすいといえます。
また、5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決まると考えられています。

 

 

以上がAGAによってハゲていくメカニズムです。
5αリダクターゼを抑制する成分については次のページをご覧ください。

AGAの抑制に効果的な成分

 

血行不良でつむじがハゲる理由

毛根と毛細血管

つむじハゲのもうひとつの原因である血行不良についてです。

 

つむじは「血管の僻地」と呼ばれるほど、もともと血流が滞りやすい場所なのですが、血行不良になると頭皮が固くなり、さらに血のめぐりが悪くなります。
頭皮の血管は毛根に栄養を届ける唯一の生命線ですから、これが詰まると髪は栄養不足となり、抜け毛や薄毛に直結するのです。

 

育毛のスペシャリストとしてテレビにも出演している板羽忠徳さんの著書にも次のように書かれています。

コペンハーゲンのクレンプ・ピーターズ医師により、髪の薄い人の血流は「正常の人の2.6倍低い」ことが報告されています。血行が悪いことがハゲを促進するのです。
(出典:3万人が実感! 髪がみるみる甦る 板羽式「組み手頭皮マッサージ」)
血行が悪いとハゲやすい」という研究結果が実際にあるということです。

 

また、年をとると頭頂部が血行不良を起こしやすくなります。
その理由については次のページにまとめてみました。

つむじが血行不良になりやすい理由

 

つむじハゲに最適な育毛剤ランキング

つむじハゲの2大原因である「血行不良」と「AGA」に作用する成分が入っていることが、つむじハゲに適した育毛剤選びのポイントです。
チャップアップ
チャップアップ
血行促進23種類とAGA抑制9種類を含む70種類以上の成分を配合。つむじハゲ対策にベストな育毛剤です。

ブブカ
ブブカ
血行促進19種類とAGA抑制9種類を含む全59種類の成分を配合。価格が高くても育毛効果を重視するならブブカがおすすめです。

イクオス
イクオス
血行促進17種類とAGA抑制8種類を含む全61種類の成分を配合。価格の安さを重視するならイクオスがおすすめです。