ハゲ薬「ミノキシジル」とは?

ミノキシジルの効果

 

ミノキシジルは、発毛効果が国から認められている唯一の成分です。

 

日本では大正製薬の育毛剤『リアップ』に配合されていることで知られています。
「日本で唯一発毛効果が認められている!」というCMのキャッチフレーズでもお馴染みですね。
あのセリフの根拠はミノキシジルが配合されているということなのです。

 

ミノキシジルの作用

ミノキシジルは、毛根にある毛乳頭細胞に作用して、髪の毛の成長を促す因子を分泌させる効果があります。
簡単にいうと、塗った場所の毛が成長するということです。

 

実はこのメカニズムが解明されたのはごく最近のことで、それ以前は「ミノキシジルを使うと血行が良くなることで髪が成長する」と考えられていました。
血管が広がることによって頭皮の血流が良くなり、毛乳頭細胞が活性化され発毛につながると思われていたわけです。

 

というのも、ミノキシジルは元々は血圧を下げるために開発された血管拡張剤だったからです。
降圧剤(血圧降下剤)として服用した人たちに発毛効果が確認されたため、発毛剤として商品化されたという経緯があったのです。

 

ちなみに海外での商品名は『ロゲイン』といいます。
ロゲインはリアップと同じく外用薬で頭皮に直接つけるタイプです。

 

内服薬はミノタブ

外用薬の他に内服薬もあります。飲み薬のことです。
ミノキシジルタブレットといって、略してミノタブとも呼ばれています。

 

ミノタブは、ロゲインやリアップなどの外用薬に比べて発毛効果が高いのが大きな特徴です。
外用薬よりも有効成分が全身にしっかり吸収されるので効き目があります。

 

とはいえ、ミノタブは薄毛治療の薬としては日本はもちろん海外でも認可されていません。

 

また、効果が高いぶん副作用も強く表れます。
副作用のリスクの大きさや、すぐに耐性ができることなどから、ミノタブは利用者たちの間でも「劇薬」と呼ばれ、「手を出したら終り」とまで言われています。

 

主な副作用としては、ミノキシジルの有効成分が血液に乗って全身をめぐるため、頭皮だけでなく体毛も濃くなるケースが多いです。
この他の副作用がこちら。

ミノキシジルの副作用

  • 血圧低下
  • 動悸・息切れ
  • 性欲減退

 

大正製薬の『リアップ』の説明書にも、次の副作用のリスクが注意書きとして記載されています。

  • 発疹
  • かゆみ
  • かぶれ
  • ふけ
  • 頭痛
  • めまい
  • 胸の痛み
  • 心拍数の上昇
  • 体重増加
  • 手足のむくみ

頭頂部ハゲにミノキシジルは効果ある?

上記のとおり、ミノキシジルは薄毛の改善に効果があるとされています。
ネット上の口コミでも、多くの人が効果を実感しているようです。

 

ただし、効果があるとされているのは内服薬のミノタブです。
外用薬であるリアップになると、良い口コミは激減します。

 

私自身もリアップを実際に3ヶ月間使用しましたが、効果を感じることができませんでした。

 

私が効果を感じた育毛剤については、次のページに詳しくまとめてあります。
ぜひチェックしてみてください。

つむじハゲを改善した体験談(写真も公開中)

 

つむじハゲに最適な育毛剤ランキング

つむじハゲの2大原因である「血行不良」と「AGA」に作用する成分が入っていることが、つむじハゲに適した育毛剤選びのポイントです。
チャップアップ
チャップアップ
血行促進23種類とAGA抑制9種類を含む70種類以上の成分を配合。つむじハゲ対策にベストな育毛剤です。

ブブカ
ブブカ
血行促進19種類とAGA抑制9種類を含む全59種類の成分を配合。価格が高くても育毛効果を重視するならブブカがおすすめです。

イクオス
イクオス
血行促進17種類とAGA抑制8種類を含む全61種類の成分を配合。価格の安さを重視するならイクオスがおすすめです。