頭頂部の薄毛を改善するポイント

私は30代後半から頭頂部の薄毛に悩まされてきました。
世間で良いとされる薄毛対策をいろいろやってみましたが、どれも効果はなくハゲはどんどん悪化。
私のつむじは40歳を迎える前にスカスカのカッパ状態になってしまったのです。

 

食事や睡眠、育毛シャンプー等々、さまざまな薄毛対策を実際にやってみましたが、これらの方法だけでは私のつむじハゲは改善されませんでした。

 

しかし、私の髪の毛は現在無事に回復しています。
もうハゲていません。育毛剤を10ヶ月間使ったらしっかり回復したのです。

 

いろいろな育毛ケアを実際に試したからこそ言えることなのですが、育毛剤を使うのが間違いなく一番の薄毛対策になります

 

ということで、このページでは頭頂部の薄毛を改善する際の注意点をいくつかご紹介します。

 

育毛シャンプーに注意!

育毛シャンプーには髪の毛を生やす効果はありません。
育毛シャンプーは、普通のシャンプーよりも頭皮へのダメージが少ないというだけです。
頭皮への負担ができるだけ少なくなるように、やさしい洗浄成分が使われています。
効果としては抜け毛予防です。良くて現状維持ということですね。

 

ちなみに私は4000円もする育毛シャンプーを使い続けましたが、ハゲはどんどん悪化していきました。
しかも、皮肉なことに育毛剤を使い出してからは、安いメリットシャンプーを使っていますが、薄毛はしっかり改善しました。
育毛シャンプーを使わなくても、育毛剤を使えばハゲは治るということです。

 

もちろん、「育毛シャンプーは使っちゃダメ!」とまでは言いませんが、もし私がまだハゲていたとしたら、そのお金で育毛剤を月1本追加して月2本体勢でケアしていきます。

 

 

睡眠時間に注意!

睡眠のゴールデンタイムというのをご存知ですか?
成長ホルモンが最も分泌されると言われていて、その時間帯に睡眠をとると髪の毛が育つと考えられています。

 

たしか夜の10時から深夜2時までの4時間だったと思いますが、実はこれ都市伝説。というより間違いです。

 

正しくは、眠り始めてから3時間が成長ホルモンが最も分泌されるゴールデンタイムです。

 

そして、3時間を過ぎると成長ホルモンはほとんど分泌されません。
ですので、この眠り始めの3時間にグッスリと深い眠りに入ることが重要なのです。
そのために、寝る前までに体を温めておいたり、スマホやパソコンの照明に当たらないようにしたり、副交感神経を高めてできるだけリラックスしておくようにしましょう。

 

食事に注意!

人間の体は食べたもので出来ています。もちろん髪の毛も例外ではありません。
ただし、髪の毛に良いからといって、特定の栄養だけをとるのは逆効果になります。

 

過剰摂取は良くありません。重要なのはバランスです。
タンパク質、ビタミン、ミネラル、植物繊維など、各栄養素をバランスよく摂取することで吸収率がまったく違ってくるのです。
できるだけ多くの種類の食材を毎日適量食べることが最も髪に良いとされています。

 

自炊が難しい場合は、育毛サプリを積極的に使いましょう。
育毛サプリなら食事のバランスなどを考える必要がなくなりますし、食事からは摂取できないような育毛効果の高い栄養素も一緒に取ることができます。

つむじハゲに最適な育毛剤ランキング

つむじハゲの2大原因である「血行不良」と「AGA」に作用する成分が入っていることが、つむじハゲに適した育毛剤選びのポイントです。
チャップアップ
チャップアップ
血行促進23種類とAGA抑制9種類を含む70種類以上の成分を配合。つむじハゲ対策にベストな育毛剤です。

ブブカ
ブブカ
血行促進19種類とAGA抑制9種類を含む全59種類の成分を配合。価格が高くても育毛効果を重視するならブブカがおすすめです。

イクオス
イクオス
血行促進17種類とAGA抑制8種類を含む全61種類の成分を配合。価格の安さを重視するならイクオスがおすすめです。